茨城県土浦市の鶴町皮膚科クリニック。美容皮膚科:アトピー性皮膚炎:レーザー脱毛:にきび治療:アンチエイジング(美顔/美肌/若返り)等:茨城の名医:つくば市/牛久市/竜ヶ崎市/取手市/守谷市/我孫子市/柏市/松戸市/

最新情報 rss
2017年11月04日(土) にきび(跡)・脂症・毛穴の開大治療について
ニキビは食事や化粧、ホルモンの影響を受けつつ、毛のう内における皮脂の分泌過剰(脂症)と毛穴の角化(詰まり)により内容物が排出できず、細菌の増殖と皮脂の過酸化脂質への変性がもたらす毛のうの全汎的な炎症といえます。そのため、治療は抗生物質やビタミン剤の内服・外用を行いますが効果が得られない場合があり、生理前に悪化する女性の場合は、女性ホルモンの内服も行います。夏ミカンのようなニキビ跡の凸凹な肌、毛穴が開大し、テカテカとした脂症、化粧のりが悪い等の肌質改善にはレーザー照射で治療できます。4〜5回照射することでコラーゲンが増加し、平らな皮膚に改善します。

鶴町皮膚科クリニック

〒 300-0874茨城県土浦市荒川沖西1-17-4

TEL 029-842-3046 FAX 029-842-3227