茨城県土浦市の鶴町皮膚科クリニック。美容皮膚科:アトピー性皮膚炎:レーザー脱毛:にきび治療:アンチエイジング(美顔/美肌/若返り)等:茨城の名医:つくば市/牛久市/竜ヶ崎市/取手市/守谷市/我孫子市/柏市/松戸市/

最新情報 rss


2018年06月09日(土)

肥満治療について

 体重(キログラム)÷身長(メートル)の2乗が35以上を高度肥満といいます。高度肥満症の保険治療薬として食欲抑制剤があります。実際かなりの方に効果が見られます。食欲がなくなるので食事量がおのずと減り、当然体重も減少します。もちろん、高度肥満の方は必ず体重を減らすべきですが、そこまででないかなりの方が肥満で減量したいと思っています。理想体型は身長から110を引いた値とも言いますが、中年以降では100から105を引いたくらいが見た目のバランスも良いと思います。実際の保険治療薬としては漢方薬を各人の症状や体質に合わせて使用します。随伴症状としての便秘や下肢のむくみに対してはすぐ効果が出ますが、体重減少には1カ月続けて下さい。より効果的に短期間で痩せたい、薬を内服したくない方は、ある種の食事療法が必要です。私自身も実行し、特に空腹感を覚えず無理なく身長が175㎝体重81㎏から73㎏まで、わずか1カ月間で減量しました。ただ短期間に痩せるのは簡単でしたが、実は徐々に減少して理想体重を維持することの方が難しいのかもしれません。